書籍紹介

読書が苦手な人にはAmazonオーディブルがおすすめ【無料でお試し可能】

2021年3月21日

読書が苦手です。どうやったら克服できますか?

 

わんこ社労士
そんな悩みにお答えします。

 

読書が苦手で本が読めない。

そんなあなたにおすすめのサービスがあります。

 

それはAmazonオーディブルです。

 

Amazonオーディブルはプロのナレーターが本を読んでくれるというサービスで、活字が苦手でも本を読むことなく本の内容を知ることができます。

 

しかも初回登録者は1冊無料

 

気になる方は下記のリンクをクリックしてください。

 

この記事ではAmazonオーディブルについて、ぼくの体験を交えつつお伝えします。

 

読書が苦手な人はAmazonオーディブルを使おう

Amazonオーディブルとは、市販されている本をプロのナレーターさんが読んでくれるサービスです。

簡単にいうと、本の読み聞かせということ。

 

文字を読むことはありません。耳で聴くだけでいいんです。

 

しかも誰でも初回は1冊無料。すごくないですか?

 

ちなみに無料は1冊だけで、終了後は月額1,500円の利用料にプラスして本代がかかります。

でもAmazonオーディブルで使える「コイン」がもらえる仕組みになっており、コインで毎月1冊交換が可能。

 

つまり初回1冊は無料、毎月1冊のみ月額の1,500円で購入できるということです。

 

使い方は、スマホにアプリをダウンロードして聴きます。

 

ちなみにぼくは、通勤中や家事をしているときなどに聴くことが多いです。

いままで通勤や家事は「やりたくないこと」だったのが、学びの時間に変わりました。

 

 

読書が苦手でもベストセラー本が読める

「じゃあどんな本があるの?」と思う方もいるでしょう。

Amazonオーディブルで聴ける本は無数にありますが、主な本は下記の通りです。




ご覧の通りベストセラー本がズラリ。

特に今までビジネス書や自己啓発系に抵抗があった方は、読むと分かりずらかった内容が、聴くことで頭にスッと入ってくるのでおすすめです。

 

ちなみにぼくはAmazonオーディブルをきっかけにビジネス書の面白さを知って、ビジネス書ばかり聴いています。

 

聴く読書はめずらしくない

なぜ聴く読書、いわゆる「オーディオブック」をこんなにおすすめするのかというと、市場規模も大きくなっているからです。

 

こちらの表をご覧ください。

引用:株式会社日本能率協会総合研究所『オーディオブック市場 2024年に260億円規模に』

 

ご覧の通り、オーディオブック市場は年々伸び続けており、2024年には260億円規模を市場規模となる予想がされています。

つまり「本を読む」時代から「本を聴く」時代に移り変わろうとしているのです。

 

このことから「本を聴く」ことが普通になることは間違いありません。

本を聴くことに抵抗がある方は、「自分が時代を先取りしている」という感覚で試してみてください。

気づいたころには周りの人も本を聴いているはずです。

 

本を聴くデメリット

ここまで読んでいただいた方の中には「本を聴くデメリットはあるの?」と思っている方もいるでしょう。

 

ぼくが実際使ってみて感じたデメリットは下記の通り。

  1. 図ありきの話をされるとわからない
  2. 読み飛ばしがしづらい
  3. 付箋などのマーキングができない

図ありきの話をされるとわからない

ぼくが実際使ってみて一番デメリットと感じたのは、図のありきで話をされるとわからないところです。

 

例えば、「図1の通り~」「図2を見るとわかりますよね」など、ナレーターがしゃべっていても実際に図がないので理解できない時があります。

 

全くわからないわけではないですが、図が見れない以上あきらめるしかありません。

 

読み飛ばしがしづらい

紙や電子の本だとサッと内容を見た後に「この部分は読まなくてもいいかな」と判断して読み飛ばすこともできると思います。

ですが聴くとなると、この後どういう展開になるか目ではわかりません。

「あまりためにならないな」と思っても飛ばしづらいのです。

 

とはいえ、何か作業をやりながら聴き流しをしていればあまり気にはなりません。

 

付箋などのマーキングができない

紙や電子の本だと付箋などでマーキングすることができると思います。

 

しかしAmazonオーディブルは、聴くことに特化したものであるためマーキングができません。

本に書き込んだり、マーカーを引くなど自分なりにアレンジしたい方はAmazonオーディブルはおすすめしません。

 

本を聴くメリット

続いてメリットもお伝えしておきます。

 

ぼくが実際体験して思うメリットは下記の通り。

  1. 読まなくていい
  2. 時間を奪わない
  3. プロのナレーターが読むので頭に入ってくる
  4. 1冊無料(実質1,500円もらえる)

 

読まなくていい

読書が苦手な人にとって読まなくても本の内容が理解できるのは大きなメリットです。

聴く速さも0.5倍~3倍まで変えられます。

 

ちなみにぼくは2倍速で聴いているので2時間もあれば1冊聴き終わります。

 

時間を奪わない

本を読むときは「本を読むこと」しかできないですよね。

でも聴く場合は、何かやりながら聴くことができます。

 

例えば

  • 歩きながら聴く
  • 家事をやりながら聴く
  • 内職をやりながら聴く

など、やらなければいけないことをしている時間に聴くことができるので、時間を奪うことがありません。

 

多くの方は家事の時間は、できればやりたくない時間だと思います。

しかしAmazonオーディブルを聴きながら家事をやることで、学びの時間と変えることができるのです。

 

耳で聴くことはあなたの時間を奪わないので、忙しいサラリーマンや子育て中の主婦の方には特におすすめします。

 

プロのナレーターが読むので頭に入ってくる

Amazonオーディブルはプロのナレーターが本を読んでくれるので、聴きやすさだけではなく感情表現も加わり、頭にスッと入ってきます。

 

iphoneのsiriやアレクサなどのように「いかにもロボット」みたいな喋りではないので、全く違和感なく聴くことができるのです。

 

1冊無料(実質1,500円もらえる)

初回登録者は1冊無料で聴くことができます。

登録するだけで本1冊分の約1,500円がもらえると思ってください。

 

タダで1,500円もらえるってなかなかないですよね。

これは本当にお得なので1冊だけでも購入してみてください。

 

しかも1回購入すると退会後も永久に聴けます。すごいですよね。

もう一度言いますが、めちゃくちゃお得です。

 

 

Amazonオーディブルの口コミ

まだ迷っている方に向けてTwitterでつぶやかれている生の声をご紹介します。

 

 

Amazonオーディブルのおかげで手軽に知識が身に着いたり、ファンの声優さんの声を聴けたり、子供の寝かしつけに使ったりと、高評価なものが多かったです。

1冊無料です。聴いてみて損はないですよ。

 

 

Amazonオーディブル登録までのステップ

続いては、Amazonオーディブルの登録方法をご紹介します。

登録までのステップは下記の通り。

  1. Amazonオーディブルのホームページに飛ぶ
  2. 「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう」をクリック
  3. お申込み内容の確認で「無料体験を試す」をクリック

これだけで登録は完了です。

 

あとはAmazonで聴きたい本を検索OK。

簡単ですよね。

 

まとめ

読書が苦手だったぼくにとってAmazonオーディブルは生活そのものを変えるものになりました。

今まで読書が苦手という理由だけで本を避けてきた人も少なくないでしょう。

 

Amazonオーディブルは聴くだけでOK。

解約はいつでもできます。解約しても一度購入した本は永久的に聴けるので、損はしません。

 

最初の1冊は無料です。あなたも体験してみませんか?

 

-書籍紹介

© 2021 わんこ社労士/働くみんなに役立つ情報