転職

【社労士の転職】社労士有資格者のMS-Japan登録は必須!未経験でも大丈夫!

2020年3月26日

「社労士資格を持っているけど、もっと年収を上げたい」

「社労士資格を活かしたキャリアアップを図りたい」

「社労士試験に合格したけど実務が未経験で不安」

 

そんなあなたにおすすめの転職エージェントがあります。

MS-Japan(エムエスジャパン)」です。

 

MS-Japan(エムエスジャパン)は管理部門・士業に特化した転職エージェントで、有資格者の利用実績1位ということもあり、社労士にもっともマッチした転職エージェントといえます。

 

この記事では、転職を考えている社労士の方にMS-Japanに登録するメリットと登録から面接までの流れをご紹介していきます。

MS-Japan(エムエスジャパン)の特徴

特 徴

管理部門・士業特化型転職エージェント
管理部門・士業登録者数No.1
管理部門・士業転職相談率No.1
大手監査法人・会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもち、
関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関まで、幅広いニーズに応えられる。
・求人4000件以上掲載
・創業より29年間でのべ2万人以上の方々の転職をサポート
・管理部門の資格や経験がある人にとって有利
・50代以上限定の転職支援も行っている

転職を考えている社労士がMS-Japanに登録しないのは損

そもそも企業はなぜ社労士を必要としているかご存じですか?

それは、社内に人事・労務系の専門家がいないからです。

 

顧問社労士はいるかもしれませんが、会社としては社内に社労士がいるとすぐ質問ができるし、法改正や社内の働き方改革で制度を変えたいという時に非常に頼りになる存在なのです。

 

MS-Japanには「社労士がほしい」という求人が集まります。

社労士を持っているあなただからこそできる仕事がきっとあるはずです。

 

また、MS-Japanには非公開の求人票が多数あります。

非公開の求人は登録しなければ見れない求人です。

登録は無料でできますし、希望に合った求人票はMS-Japanからメールで送られてきます。

 

すぐに転職は考えていなくても、求人票が送られてくるので「これだ!」という求人を待つというのも良いと思います。

 

社労士資格の保持者で転職を考えている方はMS-Japanに登録しないのは損だとわたしは思います。

実務未経験の社労士でもMS-Japanは登録すべき

MS-Japanの求人票には未経験で募集している求人もあります。

  • 社労士試験の勉強中で、実務を積みながら勉強したい
  • 社労士資格はもっているけど、実務経験がない
  • 社労士登録をするために実務経験2年以上の条件をクリアしたい

 

そんな方でも登録すれば、希望に合った求人にめぐり合う事ができます。

 

「社労士なのに実務未経験なんて」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はわたしが社労士資格を先に取り、後から実務経験を積むという経歴の持ち主です。

 

実際、採用された時は「社労士勉強中」と資格欄に書いて見事、とある会社の人事部に内定をもらいました。(その後社労士試験に合格しました)

なので、実務未経験でも転職はできます。

社会人になって社労士を勉強し始めたわたしができたので、あなたもきっとできるはずです。

MS-Japanの登録から面接までの流れ

最後にMS-Japanの登録から面接までの流れをご紹介します。

  1. 登録
  2. キャリアカウンセリング
  3. 求人情報紹介
  4. 選考・面接
  5. 内定・入社
手順 内容
登録 個人情報を入れるだけなので10分で終わります。
キャリアカウンセリング 登録情報を基に、今までの経験や志向をキャリアアドバイザーがヒアリングを行い転職プランを錬っていきます。
求人情報紹介

カウンセリングにて共有した情報を基に、希望に沿った求人情報を提供してくれます。

求人情報では得ることが出来ない企業風土や部署の人員構成など教えてくれたり、こちらが気になっている情報もキャリアアドバイザーが会社の担当者に聞いてくれるので、応募する前に気になる内情を知ることができます。

 

選考・面接

書類提出や面接の日程調整までキャリアアドバイザーがやってくれます。

また、面接前には面接に臨むためのアドバイスも行ってくれるので安心して面接に望むことができます。

内定・入社

年収など、交渉が難しい条件も、MS-Japanが行ってくれます。

このような流れで転職を行います。

基本的には入社まではMS-Japanのキャリアアドバイザーだけと連絡を取り合うので、負担はそんなにかかりません。

 

社労士資格を持っている、または社労士を勉強中の方で転職を考えているのであれば一度MS-Japanに登録してみてはいかがでしょうか。

登録はこちらからできます。
【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は社労士資格を持っていて転職を考えている方がMS-Japanに登録するメリットについてご紹介させていただきました。

 

管理部門・士業に特化した転職エージェントは他にはありません。

また、税理士や会計士は他にも特化した転職エージェントはありますが、社労士に特化した転職エージェントは今のところ存在しないのが現状です。

 

現在は働き方改革で頻繁に法改正が行われています。

そんな中、会社に社労士のような専門家を置きたいという需要は少なからずあります。

 

もし、社労士資格を持っていて転職を考えているのであればぜひMS-Japanに登録してみてください。

 

また、勤務社労士についてはこちらでも解説しています。ぜひご覧ください。

 

以上この記事があなたに有益な情報であれば幸いです。

-転職

Copyright© わんこ社労士/働くみんなに役立つ情報 , 2020 All Rights Reserved.