手続き 新型コロナ

新型コロナによる休業手当の助成金【雇用調整助成金を解説】いつまでに?どうやって申請?

2020年4月15日

休業手当の助成金について知りたいです。
いつまでに、どうやって申請するんですか?
厚生労働省のホームページを見てもイマイチわからないんです。

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

わんこ社労士
この記事を書く私は、労務の専門家である社会保険労務士です。

 

休業手当の助成金である「雇用調整助成金」を申請するにあたり、いろんな情報が流れていますが、何をどうやるのか情報がありすぎてイマイチわからないですよね。

 

この記事では、雇用調整助成金について、情報を分かりやすくザックリと解説します。

ご覧いただければ、申請の流れや必要な書類などを一通り把握することができます。

 

なお、小規模事業者(従業員が約20人以下の会社や個人事業主の方)は手続きが簡略化されましたのでこちらも併せて参考にしてください。

 

 

雇用調整助成金Q&A

 

この記事で取り上げるQ&Aはこちら

  1. 雇用調整助成金の申請はいつまで行えばいい?
  2. 雇用調整助成金の対象となる会社は?
  3. 雇用調整助成金の支給基準は?
  4. 対象となる従業員は?
  5. 助成率はいくらもらえるの?
  6. 限度額はあるの?
  7. 休業要件とは?
  8. 提出書類は何が必要なの?

 

1つ1つ解説していきます。

 

雇用調整助成金の申請はいつまで行えばいい?

2020年6月30日までです。

 

雇用調整助成金の対象となる会社は?

雇用保険の適用事業主で新型コロナウイルスの影響を受けた会社・個人事業主です。

 

新型コロナウイルスの影響を受けた会社・個人事業主とは下記のような事例をいいます。

  • 取引先が新型コロナウイルスの影響を受けたため、受注量が減り、事業活動が縮小した
  • 行政からの営業自粛要請を受け、自主的に休業を行ったことにより、売上が減少した
  • 市民が外出を控えたため、客数が減少した
  • 観光客のキャンセルが相次いだことにより、客数が減り売上が減少した。など

 

雇用調整助成金の支給基準は?

売上高または生産量が直近1か月間(計画届を提出した月の前月)の値が前年同月比5%以上減少していること。

 

例)4月から休業を開始し、5月に4月と5月分をまとめた計画届を事後提出した場合、4月の売上と前年4月の売上を比較します。

 

対象となる従業員は?

全従業員です。

正社員、派遣社員、契約社員、パート、学生アルバイト関係なく全員対象となります。

 

助成率はいくらもらえるの?

企業規模 助成率
中小企業 休業手当の4/5
大企業 休業手当の2/3
中小企業(解雇を行わなかった場合) 休業手当の9/10
大企業((解雇を行わなかった場合) 休業手当の3/4
休業等要請を受けた中小企業が解雇等を行わず雇用を維持している場合であって、下記の要件を満たす場合
1.労働者の休業に対して100%の休業手当を支払っていること
2.上限額(8,330円)以上の休業手当を支払っていること(支払率が60%以上の場合に限る)
100%助成

※ここでいう「休業手当」とは前年度の平均賃金額で割り出した金額。

 

例)中小企業(解雇を行わなかった場合)

平均給与額が15,000円、休業手当を9,000円(平均給与額の60%)支払う場合、8,100円(休業手当の9割)が助成されます。

 

上記の条件で、従業員30人を10日間休業させた場合の助成額は、次のようになります。

「30人 × 10日間 × 8,100円 = 2,430,000円」

 

限度額はあるの?

助成金額と日数にそれぞれ上限があります。

 

助成金額の上限は、一人当たり「8,330円/日」です。

 

日数の上限は、2020年4月~6月中に休業した日に限り上限はありません。

本来の上限は1年間で100日分、3年で150日分ですが、2020年4月~6月は本来の限度日数とは別に支給を受けることができます。

 

休業要件とは?

雇用調整助成金は、休業日数の要件をクリアしないともらうことができません。(申請書では自動計算で割り出されます)

条件は下記の通りです。

  1. 丸1日の休業
  2. 全従業員一斉に1時間以上の休業 (4/1~6/30の間は 部門・シフト別の時間休業、常勤を除いた全員の短時間一斉休業でも可)
  3. ①と②の 休業規模が全体の1/30(大企業)、1/40(中小企業)以上であること

 

例(中小企業の場合)

・従業員50名
・所定労働日数22日
・50名×22日=1,100日
・最低必要休業日数:1,100日×1/40≒28日
・人数で割ると:28日÷50名=0.56日

つまり、全員が休業する場合は一人0.56日以上の休業が必要ということです。
5人が休業する場合0.56×5=2.8日になります。

 

提出書類は何が必要なの?

「計画届」と「支給申請」の提出が必要です。

 

詳しくは次の章で解説

 

雇用調整助成金の申請方法

まず、申請の流れは下記の通り。

 

 

「計画届」に必要な書類

  書類名 備考
様式第1号(1)
休業届実施計画(変更届)
記入例
 
様式第1号(2)
雇用調整事業所の事業活動の
状況に関する申出書
記入例
【添付書類】
「売上」がわかる既存書類の写しでも可
(売上簿、営業収入簿、会計システムの帳簿等)
休業協定書
記入例
【添付書類】
(労働組合がある場合)組合員名簿
(労働組合がない場合)労働者代表選任書
※事後提出の場合、実績一覧表の署名または記名・押印があれば省略可
事業所の規模を確認する書類 既存の労働者名簿及び役員名簿で可
※中小企業の人数要件を見たしている場合、資本額を示す書類は不要

※②~④は2回目以降の提出は不要

※2020年6月30日まで事後提出可能

 

「支給申請」に必要な書類(休業の場合)

書類名 備考
様式第特第6号
支給要件確認申立書・役員等一覧
記入例
計画届に役員名簿を添付した場合は不要
様式第7号または8号
休業等の最終日が令和2年4月7日まで方
(休業等)支給申請書(Excel)
(休業等)支給申請書(PDF)様式第7号または8号
休業等の最終日が令和2年4月8日以降の方
休業等)支給申請書(Excel)
(休業等)支給申請書(PDF)記入例(特7号)
記入例(特8号)
自動計算機能付き様式
様式第10号または11号
※令和2年4月1日をまたぐ申請の場合
助成額算定書(Excel)
助成額算定書(PDF)
自動計算機能付き様式
様式第9号または12号
休業・教育訓練実績一覧表
記入例
自動計算機能付き様式
労働・休日の実績に関する書類 - 出勤簿・タイムカードの写しなど(手書きのシフト表などでも可)
- 就業規則または労働条件通知書の写しなど
休業手当・賃金の実績に関する書類 - 賃金台帳の写しなど(給与明細の写しなどでも可)
- 給与規定または労働条件通知書の写しなど

計画届や支給申請の様式は、厚生労働省ホームページからダウンロードできます。

雇用調整助成金の様式ダウンロード

またお近くのハローワークや労働基準監督署でも配布されています。

なお、2020年5月中旬ごろにはオンラインで申請できるようになる予定です。

 

雇用調整助成金の手続きを専門家に相談したいという方

 

下記のシェアーズは顧問契約をせずに単発で助成金などの手続きを専門家に相談することができます。

ぜひ、ご利用ください。

 

まとめ

今回は休業手当の助成金である「雇用調整助成金」についてザックリと解説しました。

 

もう少し詳細を知りたい方は「雇用調整助成金ガイドブック」または「雇用調整助成金ガイドブック簡易版」をご覧ください。

 

現在、新型コロナウイルスの急激な拡大に伴い、臨時休業や雇用調整など、多くの会社が事業の継続に向けた緊急対応を余儀なくされていると思います。

 

少しでも従業員とその家族を守るため雇用調整助成金をご活用ください。

-手続き, 新型コロナ

Copyright© わんこ社労士/働くみんなに役立つ情報 , 2020 All Rights Reserved.